ServersMan@VPS

久々のブログですが、実はこのサイトをDTIのServersMan@VPSに引っ越しました。
これまでは@NiftyのLacoocanでしたが、遅いし自由がきかないけれど、安いから我慢していたのでした。
今回の ServerMan@VPS は、十分安い上に、VPSの仮想マシンをそのまま使える、rootで何でもできる、というのが魅力的。IPもv4/v6ともにグローバルが1つずつ付いています。


こんなに自由なので、sawabe.jpのドメインも@niftyからお名前.comに移して、このサーバ上で DNS を動かしています。DNSはbindではなく、初めて使うnsd。
ServersMan@VPS Entry というプランは、仮想マシンのメモリが256MBしかありません。
申し込んだときにはとても足りないかと思っていたけれど、初期状態では20MB強しか立ち上がっているプロセスが使っていなくて驚きました。でも、確かに必要最小限のプロセスだけなら、そのくらいで十分。昔は物理メモリが16MBとか32MBでもLinuxは十分動いていたのですから。
でも、DNSを動かそうと思って初めは慣れたbindを立ち上げてみたら、それだけで200MBくらいメモリを食ってしまいます。メモリリッチな環境に慣れてしまっていて、改めてbindの巨大さを認識しました。そこで、改めて DNS ソフトを探してみたところ、nsd が良さそうなので、早速動かしてみると、確かに10MB程度しか使わない。
引っ越しもめでたく済んで、このサイトもIPv4/IPv6のデュアルになったのでした。